1周間で腹筋を割る方法:日曜日

Waist Circuit ウエストサーキット

パーソナルトレーナーのサーキットトレーニングDVDダイジェストということで、あまりの正確さ、美しさに見とれているとあっという間に終ってしまいます。

是非全ての動きを教えてほしくなりますね。そう思わせるのがさすがプロです。

動作のポイントを短い言葉で的確に示しながら動いているので、この短い動画を見るだけでも参考になります。

フィットネス動画を見る際、言っている通り手足がきちんと平行になっているんだな、膝の角度は本当に直角だな、とインストラクターの言葉と動作自体を照合するのも視聴の大切なポイントです。

どんなにいい教材でも、見る側に「見る気」がなければ作り手の意図が十分に伝わりませんから、時々止めて考え、自分の姿とも照らし合わせてみましょう。

その点で役立つのが鏡です。動く身体全体が写る鏡があれば間違いないですが、そのような環境にいる人の方が少ないと思うので、次に有効なのが自撮りです。

いまや誰でも身近に動画が撮れますから、自分の姿を撮って、トレーナーの動きと比べてみましょう。

そのときにどうも違う、と思ったら、先ほどのポイント、肘や膝の角度など、ひとつひとつをチェックすることです。

直角な「つもり」、正しい動き「と思った」から脱却できますよ。

あとは…夜、窓に写してみるのもいいです。暗闇に浮かび上がるとちょっとかっこ良く見えるかもしれません。

途中、ストレッチが入っているのも緩急ついていていいですね。

ストレッチは腹筋に有効か?と聞かれれば、有効です。

直接腹筋がつくわけではないけれど、可動域が広がり、筋肉をまんべんなく使えるようにもなります。

また、激しく動かした筋肉をクールダウンして疲れをとることで、次のパフォーマンス力を上げることになります。

最後は某有名スポーツブランドのCMのようでもあります。かっこいいです。

こうなりたい、という憧れからやる気は生まれますから、これを見ればたいへんやる気になること間違いなし。